株ってどんな感じで始めていいのかな?って思い怖くてできないって感じますよね。けど、基本さえ知っていれば誰でも簡単に始められます。こちらでは株のやり方を詳しく皆様にご説明していきます。

ストックビジネスとKDDIと日本管理センターの株

株式を購入する銘柄として有力となるのが、ストックビジネスを行っているところとなります。ストックビジネスは年を追うごとに利益が積み重なっていくことが期待できるため、ストックビジネスを行っている企業の株式は確実性の高い投資となり得ます。そのようなストックビジネスを行っている企業としては、まずKDDIが挙げられます。KDDIは日本を代表する携帯通信キャリアです。携帯通信キャリアでは大手の3社の寡占状態があり、KDDIも確実な顧客基盤を持っています。近年、携帯通信は従来型の携帯電話からスマートフォンへの移行する流れが起こりました。顧客がスマートフォンへ移行すると、それだけ通信料金が以前よりも大きくなる傾向が出ています。その結果として、KDDIの収入は着実に伸びる状況が生まれています。今後においてはコンテンツ配信などの様々なビジネスを展開をしていくことによって、さらに業績を拡大させることが期待できることから、KDDIの株式は長期保有するに値すると考えます。次に有力なストックビジネスを展開している企業として、日本管理センターが挙げられます。日本管理センターは賃貸住宅の一括借り上げを行って収益を上げるビジネスモデルを持っています。そのため、賃貸住宅の数が増えていくほどに業績が拡大していく傾向があります。日本管理センターが借り上げた物件では入居率が高くなっていることからも、賃貸住宅数が増えるごとに収益が増える理由となります。今後、日本管理センターでは新たなビジネスとして、貸金業にも進出していく予定です。したがって、既存のビジネスに新たなビジネスの収益貢献が加われば、長期的に株価が上昇していくことが見込めると考えます。